第43回研究集会 in 沖縄の研究発表内容を掲載しました

第43回研究集会 in 沖縄の研究発表内容を掲載しました。
参加予定で申込がまだの方は、締切が迫っていますので、お早めにお申し込みください。

第43回研究集会詳細
第43回研究集会申込

2月19日 研究発表
原昭裕 (沖縄県立図書館)「沖縄に根ざした図書館サービスを目指して~沖縄県立図書館のビジネス支援・市町村協力・郷土資料~(仮)」
田子環 (神奈川県立横浜南陵高校図書館)「学校図書館に関する実践報告(仮)」
竹内ひとみ (元国立国会図書館)「学校図書館における情報活用教育」
伊藤民雄 (実践女子大学図書館/慶應義塾大学大学院)「東京都の公立図書館は地方・小出版社の資料を買っているか?」
巽照子 (大阪芸術大学)「図書館のこれからの歩む道」
利光朝子 (柏市立図書館)「専門職制度をめぐる課題」

2月20日 研究発表
望月道浩 (琉球大学教育学部)「「西原町立図書館における遊び/学びと創造の授業実践―教員養成に結ぶ活動事例の分析から―(仮)」
明定義人 (京都橘大学文学部)「図書館員の声と竹内敏晴のレッスン」
西河内靖泰 (広島女学院大学)「検証図書館の自由 神戸高校図書館読書記録流出問題を考える」
成松一郎 (読書工房)「図書館におけるアクセシビリティ・マネジメントの可能性」

Comments are closed.