2月号

みんなの図書館2013年2月号みんなの図書館 2013年2月号 目次

特集:岐路に立つ県立図書館
特集にあたって 編集部 03
中之島図書館から、都道府県立図書館のあり方を考える 脇谷邦子 04
どうなるの?埼玉県立図書館 松本芳樹 10

一般:
図書館の楽しさを伝えていこう!―館種を超えてつながる大切さ 木下通子 16
一学校司書から図問研に望むこと 疋田久美子 22
武雄市新図書館構想について 前田勝之 28
自分の思いを声に出してみる―はじめて講師や発表を頼まれたら 中沢孝之 35

連載:
図書館と私―7 伊藤さん、陰山さん[東京・荒川区]不当配転闘争―1 大澤正雄 41
図書館ノート―22 領土と歴史、国家と個人―『こっきのえほん』と『20年間の水曜日』の共通点 山口真也 56
出版産業時評―19 ノンフィクション作家・佐野眞一氏のパクリ“疑惑”の報に接して 長岡義幸 62

図問研のページ:
栃木支部2012年度学習会を終えて 鈴木章生 71
愛知支部学習会報告「特別企画明るく楽しい図書館づくりのための学習会&交流会」 74
図書館問題研究会のホームページが新しくなりました! 77
第1-7回常任委員会の記録 84
会員異動/今月贈っていただいた本/編集後記 88

column:図書館九条の会:
「尖閣問題」解決方策を提言する 菅原勲 69

イベントガイド:
第4回九州地区図書館非正規職員交流会[きゅうひこう] 21
図書館9条の会第9回学習会 70
学びあい、高めあおう、図書館の力!!PartⅡ 79
第39回図書館問題研究会研究集会=島の研究集会~島が心を迎えてくれる 80

速報No.2!!!=図書館問題研究会第60回全国大会in指宿 82

Crossword Puzzle; 343 15

特集にあたって:
兵庫支部の全国委員の方の支部報告で「来年度から県立図書館で個人貸出を行うことになった」という報告を受けたのは、いつ頃だったでしょうか。今回の特集原稿を目にして、そうした報告があったことを思い出しました。その報告を受けた頃から、脇谷さんの原稿の「5 都道府県立図書館と市町村立図書館の機能の違い」でも触れられていますが、直接サービスに力点を置く県立図書館が増えてきたように思います。
今回も神奈川県の事例など取り上げるべき原稿がいくつかありましたが、編集部の準備不足等もあり形になりませんでした。
少々大仰な特集タイトルになりましたが、11月には山梨県立図書館がオープンした事など明るい話題もあります。関東地方の県では、県立図書館は今後どうなるかわかりませんが、高校司書と同じ枠で採用試験が行われるため10数年ぶりに職員採用が行われる図書館も出てきました。
そうした明るい話題をバネに全国大会でも大きく取り上げられるテーマだと思いますので、そうした材料にしていただければ幸いです。

編集部 文責:松本芳樹